スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<刑務官暴行>革手錠の違法性認め国に賠償命令…名古屋地裁(毎日新聞)

 名古屋刑務所で01、02年に起きた刑務官による暴行事件で、死傷した元受刑者と受刑者の遺族計5人が国家賠償法に基づき、国と当時の刑務所長、刑務官ら計11人に計約1億8000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、名古屋地裁であった。戸田久裁判長は受刑者の腹部を革手錠のベルトで締め付けた行為を違法とし、死傷との因果関係を認定。国に計8910万円の支払いを命じたが、刑務官ら個人については「原告に対してではなく、国の求償権に対して支払い義務を負う」として原告に対する賠償責任は認めなかった。

 訴えていたのは、元受刑者2人と死亡した受刑者1人の遺族。被告は同刑務所の副看守長だった前田明彦被告(48)=特別公務員暴行陵虐致死罪などで有罪、上告中=ら実行行為者とされる8人と、桜井智舟・元同刑務所長ら管理監督者3人。

 訴えによると、前田被告らは01、02年、懲らしめ目的で男性受刑者3人の腹部を革手錠で強く締める行為を繰り返し(1)02年5月には受刑者(当時49歳)を死亡させ(2)同9月には受刑者(37)を腸閉塞(へいそく)にし(3)01年10月~02年2月には受刑者(44)を心的外傷後ストレス障害(PTSD)に陥らせた。

 判決は検察側が刑事事件として起訴しなかったPTSDについても訴えを認めた。

 訴訟で原告側は革手錠の使用を「違法な暴行行為」と主張。実行行為者や管理監督者は革手錠の危険性を認識しながら適切な使用や注意・指導義務を怠り、個人としても賠償責任を負うと訴えた。一方、被告側は革手錠の使用を「合理的な裁量権の範囲」と主張。また公務員が他人に損害を与えた場合に国が賠償責任を負うことを定めた国家賠償法上、「個人に賠償責任はない」と争っていた。

 被告のうち前田被告ら5人は特別公務員暴行陵虐致死傷罪などで起訴され、1人は1審で無罪が確定、4人は有罪判決を受けて上告中。1、2審とも革手錠と死傷の因果関係を認めた。【高木香奈】

 【ことば】名古屋刑務所暴行事件

 02年5月と9月、受刑者2人の腹部を革手錠で締め付け死傷させたとして刑務官6人が特別公務員暴行陵虐致死傷罪などで起訴された。うち1審で有罪が確定した1人を除く5人が国家賠償請求訴訟の被告にもなった。01年12月に受刑者の尻に放水し、直腸に裂傷を負わせて死亡させたとして刑務官3人が同致死罪などで起訴される事件もあり、両事件で起訴された1人は1審で有罪が確定、2人は有罪判決を受けて上告している。

【関連ニュース】
<関連記事>首つり死亡:独房で男性受刑者 名古屋刑務所
<関連記事>自殺:また、名古屋刑務所の独房で
<ロス疑惑>三浦和義元社長:移送先ロスの留置場で自殺
<関連記事>松本少年刑務所:受刑者がデザインのTシャツ販売 
<関連記事>米国:マルコムX暗殺関与の受刑者仮釈放 45年ぶり

降雨 西日本で土砂崩れ、通行止め(毎日新聞)
ボタン電池どう回収? 業界がルート統一 周知乗り出す(産経新聞)
あかつき打ち上げ 地球の姉妹星探る 大気成分、風向きなど明らかに(産経新聞)
「明美ちゃん基金」日本医療団、ベトナムで手術指導へ(産経新聞)
<裁判員制度>会見へ協力求める 新聞協会が文書公表(毎日新聞)
スポンサーサイト

<JAXA>延期・H2A17号機の打ち上げは21日朝 金星探査機搭載(毎日新聞)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は18日、日本初の金星探査機「あかつき」と太陽光の圧力で飛ぶ宇宙ヨット「IKAROS(イカロス)」を搭載したH2Aロケット17号機の打ち上げを、気象状況を確認した結果、5月21日(金)6時58分22秒に行うことを発表した。

【写真と図説で見る】日本初の金星探査機「あかつき」について知る

 JAXAは鹿児島県南種子町の種子島宇宙センターで18日午前6時44分14秒に予定していた17号機の打ち上げを、6分前に飛行経路に雷を発生させる雲が流れ込んだため、延期していた。17号機は、金星探査機を搭載しているため、打ち上げ時刻は秒単位で決められている。過去の打ち上げのように、雨雲が抜けるのを一時的に待つことはできなかった。【毎日jp編集部】

【関連ニュース】
【写真特集・日本の宇宙開発】大型ロケットH2B:打ち上げ成功 宇宙ステーション補給機を搭載
【写真特集・日本の宇宙開発】月探査機かぐや 迫る月面、1分おき撮影 最後の映像公開
【宇宙の神秘】ハッブル望遠鏡が撮影した宇宙の神秘的画像
【写真特集】映画のようにかっこいい NASA ミッションポスター
【写真特集】日本の宇宙開発 日本人飛行士のプロフィールも

<事件>マンションで男性2人刺され心肺停止 大阪・西淀川(毎日新聞)
ゆったり 平安絵巻 都大路で葵祭(産経新聞)
掛布さん、2審も敗訴…経営会社の借入金訴訟(読売新聞)
クリントン米国務長官が21日来日 普天間、北朝鮮への対応を協議(産経新聞)
<訃報>森内信康さん75歳=将棋棋士・森内俊之九段の父(毎日新聞)

小沢幹事長 政倫審出席へ 参院選など懸念か(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は12日、自身の「政治とカネ」の問題に関し、衆院政治倫理審査会(政倫審)に出席し、説明する方向で検討に入った。複数の党幹部が明らかにした。夏の参院選や国会運営への影響を懸念したとみられる。民主党は来週にも政倫審の開催に応じる考えだ。

 12日夕、国会内で山岡賢次国対委員長と会談した小沢氏は山岡氏から政倫審出席を提案され、「いつでも出る」と応じたという。党幹部は「検察審査会の起訴相当の議決を考慮した」と語った。

 小沢氏は10日夜、国民新党の亀井静香代表に「おれは悪いことしていないので絶対にやめない」と伝えている。鳩山由紀夫首相は12日、小沢氏について「党の運営に卓越した手腕を持っている。今日までの党運営を評価すべきだ」と述べ、続投支持を表明した。小沢氏は政倫審出席で批判を可能な限り抑え、「小鳩体制」のまま参院選に臨む意向だ。

 一方、自民党の大島理森幹事長は「(政倫審は)公開でやるのが筋だ」と指摘し、「(小沢氏)1人だけで済む話ではない。首相も出席すればいい」と述べ、政権全体の問題として追及する考えを示した。

【関連ニュース】
民主党:企業・団体献金「党本部」禁止触れず
小沢幹事長:3回目の聴取要請 東京地検
小沢幹事長:国民新・亀井代表と会談
民主党:小沢一郎幹事長 駐日米大使との会談認める
普天間:米大使、小沢氏と極秘会談「鳩山は信用できない」

偽造障害者手帳で高速料金不正割引 連帯労組員10人逮捕 大阪府警(産経新聞)
トキ 卵がまたカラスに奪われる 残りの卵がまだ存在か(毎日新聞)
競輪事業、議会質問で便宜?函館市議ら聴取へ(読売新聞)
日本人脱北支援者がノンフィクション刊行 飢餓からの逃避行、詳細に(産経新聞)
「県内なら戦えぬ」与党系新人、出馬断念…沖縄(読売新聞)
プロフィール

おおぐしきいちろうさん

Author:おおぐしきいちろうさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。